SA-16 対大口径防弾服 検証

SA-16 対大口径防弾服装着、ライフルマン・キャラクター装備無し、腕に10回当てた時の一撃死の確率です。(2017/04 現在)

武器名 30M 40M 50M 攻撃(min-max) 防貫 射程
FR-F2 Legend(腕撃ち検証) 100% 90% 80% 105-140 97.0 94.8

FRは防具貫通能力が高く、防具による影響が少ない為、変わらない一撃率となりました。

武器名 0M 5M 10M 攻撃(min-max) 防貫 射程
ASW.338(腕撃ち検証) 10% 10% 0% 125-140 70.0 98.7

SA-16大口径防具は、高火力銃器であっても10Mから腕一撃率はゼロになりました。
したがって、ASW.338より火力が劣る銃器は、ほぼ一撃率は無いとこれだけで判断出来ます。

武器名 30M 40M 50M 攻撃(min-max) 防貫 射程
M40A5(胴撃ち検証) 100% 100% 100% 125-140 70.0 98.7

主流のムービング銃器の中から一番一撃率の低い、M40A5で胴撃ち検証をしたところ上記の結果が出ています。
この結果から、ムービング銃器であっても胴撃ちなら変わらずほぼ100%倒せます。

SR関連 まとめ

ストッピング銃器でもムービング銃器でもFR以外は腕一撃率がほぼゼロに近いです。
ただ、相手が女性キャラクターであれば少し一撃率が変わりますが、近距離での若干差なので詳しく調査していません。
胴撃ちであれば、どの銃器でも変わらない一撃率が出ます。

対AK47-Lion(バーストバレル装着)必要弾数

検証内容は、ライフルマン、キャラクターナシです。

16防具 大口径 10M 15M 20M 25M
5発 5発/6発(40%/60%) 6発 6発
4発 4発 5発 5発
3発 3発 3発/4発(20%/80%) 4発
16防具 10M 15M 20M 25M
5発/6発(80%/20%) 6発 6発/7発(80%/20%) 7発
4発/5発(80%/20%) 5発 5発 5発
3発 3発/4発(40%/60%) 4発 4発

大口径防具の方が脆いです。
既存の16防具の方が耐える検証結果となりました。

対Proto SSR(ロングレンジバレル装着)必要弾数

検証内容は、ライフルマン、キャラクターナシです。

16防具 大口径 10M 15M 20M 25M
4発/5発(40%/60%) 5発 5発 5発/6発(40%/60%)
3発/4発(40%/60%) 4発 4発 4発
3発 3発 3発 3発/4発(40%/60%)
16防具 10M 15M 20M 25M
5発 5発 5発/6発(20%/80%) 6発
3発/4発(60%/40%) 4発 4発 4発
3発 4発 4発 4発

対プロトであっても、既存の16防具の方が耐える結果となりました。
APの少なさが仇になっています。初弾はかなり防具が吸ってくれますが、APがすぐに底をつき後半のダメージが全部HPに入るので結果として早く倒れます。

以上の結果から対大口径防弾服は、装備するメリットがほぼ無いです。
対SRであれば、どちらを装備しても胴に撃たれれば倒れます。
対ARであれば、大口径の方が早く倒れてしまいます。メリットが無いです。

サポーターは、対SRからの一撃を耐えれるので恩恵は大きそうですね。
セット効果の関係もありますので、サポーターだけ大口径で装備するのが得策でしょうか。

検証は1発検証が多いので参考程度にお願い致します。